日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

師走の由来、意味とは?師は誰のこと?

投稿日:

師走は年末の慌ただしい様子を表す月名として、よく知られているのではないでしょうか。

師走はもともと旧暦の12月を指していますが、そのまま新暦に適用すると、今の12月末から2月上旬ごろにあたります。

奈良時代後期に作られた日本最古の歌集、万葉集には十二月と書いて「しわす」と読み仮名をふったものがあり、 「しわす」という言葉は、奈良時代にすでにあったと考えられています。

のちに、江戸時代に師走という漢字を当てて書くようになったようです。

 

12月はなぜ「しわす」というの?

12月はなぜ「しわす」と呼ぶのでしょうか。いくつか説があります。

12月は年が果てることから年果つ(としはつ)といわれていて、それが変化したという説や、1年の最後になしおえることを指す為果つ(しはつ)が変化した説があります。

また、12月は年末年始で大晦日や初詣などがあり、師が走りまわるほど忙しいためともいわれています。

由来にはさまざまなものがあり、明確ではありませんが、いずれも年の終わりや季節の終わりを意識し、みんなが忙しく走り回る、それが師走の意味と考えて良いのではないでしょうか。

 

御師(おんし、おし)が走る、これが師走の語源ともいわれています。

では、この御師とはどのような人たちだったのでしょうか。諸説がありますが、一般的に知られている代表的なものが4つあります。

 

1つ目は、師とはお坊さんでお坊さんが走るという説です。昔はお正月前にもお盆と同じように先祖をとむらう慣習がありました。

年末はお経をあげるため、お坊さんがあちこちの家々を忙しく東西南北に走り回る季節であることが由来しているといわれています。

 

2つ目は、師とは学校の先生で、いつも落ちついている先生も年末は忙しくて走り回るという説です。

 

3つ目は、お坊さんでも先生でもなく、師とは師匠の師であるとする説です。

何の師匠であるかという定義はなく、年末はみんな忙しく、師匠も趨走(すいそう)するのが由来とされています。

趨走(すいそう)とは、チョコチョコ走る・急いで走るという意味で、師趨(しすう)という呼び方が時代とともに変化し、師走に代わったともいわれています。

 

諸説をご紹介しましたが、いずれにしても、年末の慌ただしい時期ですよね。

「今年の汚れ♪今年のうちに♪」ではないですが、仕事においても、プライベートにおいても、片付けられるものは今年中に片付け、新たな年を迎えるようにしたいものです。

広告 日本の行事2

-12月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.