日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

2019年土用の丑の日っていつ?なぜうなぎを食べるの?土いじりもダメなの?ひつまぶしの発祥は?

更新日:

土用といえば、夏に「土用の丑の日」という言葉が飛び交うようになり、うなぎが市場に出回る光景を思い浮かべる人は多いと思います。

しかし、実は「土用の丑の日」は夏だけにあるものではなく、春夏秋冬、各季節にあることはご存知でしたか?

 

土用とは一体何なのでしょうか。

また、なぜうなぎを食べるようになったのか、その由来について解説します。

 

2019年の土用の丑の日っていつ?なぜうなぎを食べるの?

まず、2019年の土用の丑の日についてですが、うなぎを食べる日として有名な土用の丑の日は、7月27日(土)です。その年によって1日だけの年もあれば、2日の年もあります。その理由については後述します。

夏土用だけが有名ですが、本来、土用の丑の日とは「各季節の土用期間に巡ってきた丑の日」のことです。

 

土用とは、古代中国の思想である「陰陽五行説」から成り立ったものです。これは、森羅万象、すべてのものは「木、火、土、金、水(もっかどきんすい)」の5つの要素いずれかに分けられ、互いに関係性を持っているという思想です。

木火土金水の各要素には、季節、方位、色、臓器など様々なものが当てはめられており、これを「五行配当」といいます。

 

そして、季節の五行配当は「木=春、火=夏、土=土用、金=秋、水=冬」です。

春夏秋冬それぞれの季節の間には、次の季節へと移る不安定な時期があり、その季節の変わり目が土用と呼ばれるようになったそうです。

 

2019年の各季節の土用は下記の期間になります。

冬の土用…   1月17日~ 2月3日 土用の丑の日:1月28日一の丑

春の土用…  4月17日~ 5月5日 土用の丑の日:4月22日一の丑、5月4日二の丑

夏の土用…  7月20日~ 8月7日 土用の丑の日:7月27日一の丑

秋の土用…10月21日~11月7日 土用の丑の日:10月31日一の丑

 

ちなみに、土用の丑の日の「丑」とは、十二支の丑のことです。年ごとに十二支が巡るように、月や日にも十二支が巡っています。そして、土用期間の丑の日を「土用の丑の日」というのです。土用期間は約18日間ですから、十二支の丑の日が2回まわってくる年もあります。

さて、ではなぜ夏土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が定着したのでしょうか。

 

広く知られているのは、江戸時代に平賀源内という有名な人物が、うなぎ屋にあるアドバイスをしたことから始まったという説です。

うなぎの旬は冬なので、夏に売れ行きが伸び悩んでいたうなぎ屋が平賀源内にどうしたらいいか相談したところ、平賀源内は、昔から土用の丑の日には「丑」にかけて「う」のつくものを食べる習慣があったことから「土用の丑の日」の張り紙を店頭に貼るようにと提案しました。すると、それがヒットし、今の夏土用の丑の日にうなぎを食べる習慣につながったようです。

 

さすが多才で有名だった平賀源内さん、そのマーケティング戦略はお見事の一言です。



なぜ土用期間に土いじりをしてはダメなの?

土用は季節の変わり目の期間ですが、その時期はエネルギーが不安定なため、やらない方がいいといわれていることがいくつかあります。

そのうちの一つが、土用期間中は土いじりをしてはいけない、というものです。

 

土用中は「土公神(どくじん)」という神様が土の中にいらっしゃるので、植樹や建築物の基礎工事など土を動かす行為は、土公神の怒りをかうといわれています。

それなら家の庭の手入れもしてはいけないの?と疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、これについては様々な意見があるようです。

 

普段の庭の手入れも含めてすべての土いじり禁止!という意見もあれば、大規模な作業ではなく日常生活の延長の範囲であれば、庭の維持管理はやっても良いという意見もあります。

心配であれば、土用期間には「間日(まび)」と呼ばれる土公神が天に帰る日が設けられており、その日であれば土いじりをしても大丈夫だといわれているので、間日に庭仕事を行うといいでしょう。

 

ひつまぶしの発祥は?

土用の丑の日にはうなぎを食べる習慣がありますが、有名なうなぎ料理の一つがひつまぶしです。

ひつまぶしは、うなぎのかば焼きを細かく刻み、おひつに入れたご飯の上に乗せて、茶碗によそって食べる愛知県名古屋市の名物料理です。

 

食べ方には順番があり、一杯目はそのまま、二杯目はネギやわさびなどの薬味を合わせて食べ、三杯目は煎茶やだし汁をかけて食べます。

その発祥については諸説ありますが、大きく分けて、三重県津市の料亭発祥の説と、愛知県名古屋市の料亭発祥の説があります。

 

津市発祥説は、料亭のまかないとして、質の悪いうなぎを刻んでご飯に乗せ、お茶漬けにして食べたのが始まり、というものです。

名古屋市発祥説は、明治時代、うなぎ丼の出前を回収する際に、空の器が割れてしまうことがよくあったため、人数分を大きい木製の器に入れて出前をするようになったのが始まりといわれています。そのときに、取り分けやすいようにうなぎを細かく刻んで乗せたそうです。

 

いずれにしても、由来や発祥時期ともに諸説あり、正確なところは分かっていませんが、一度に三度も味わえるお得感満載のひつまぶしは、土用の丑の日に食べたい料理ですね。

季節の変わり目である土用は、体調を崩しやすい時期でもあります。

ぜひうなぎ料理を食べて、パワーを蓄えましょう!

広告 日本の行事2

-1月, 2月, 4月, 5月, 7月, 8月, 10月, 11月, 一般

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.