日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

引っ越しの挨拶はどこまですれば良い?品物は?時間帯は?

更新日:

引っ越しは人生の一大イベント。

新居での生活をより良いものにするためにも、近隣の方々と円満な関係を築きたいですよね。

引っ越しの挨拶は、ご近所とコミュニケーションをとる最初の機会です。

第一印象はその後の関係にも影響しますので、できるだけ良い印象を与えたいですね。

ここでは、どの範囲まで挨拶をすればいいのか、手土産はどんなものがいいのか、いつ挨拶に伺えばいいのか、引っ越しの挨拶マナーについてご紹介します。

 

引っ越しの挨拶はどこまですれば良い?

引っ越しをする際には、旧居と新居の両方のご近所へ挨拶をします。

新居の挨拶回りへ意識が向きがちですが、荷物の搬出作業による騒音や、大型トラックが道に駐車するなど、退去の際は何かと迷惑をかけてしまいます。

 

お付き合いをしていたご近所の方に、今までお世話になったお礼と引っ越しの日程を知らせ、当日に騒がしくなることを事前に伝えておきましょう。

また、新居のご近所への挨拶は、自己紹介の機会であり、新しい生活をスムーズに始めるための下準備といえます。

 

きちんと挨拶をすることで良い印象を与え、今後の付き合いにおけるトラブルを回避しやすくなりますし、ゴミ出しのルールや、町内会のこと、買い物に便利なお店のことなど、ご近所ならではの情報を教えてくれることもあります。

ぜひ顔を知ってもらい、ご近所付き合いを円滑なものにしましょう。

 

では、どの範囲まで挨拶をすればいいのでしょうか?

マンションやアパートなどの集合住宅の場合と、一戸建ての場合のそれぞれについて説明します。

 

・マンションやアパートの場合

マンションやアパートでは、自宅の両隣と上下の部屋に挨拶をします。

また、常駐している管理人さんがいれば、そちらへも挨拶をしにいきましょう。

 

集合住宅で気になるのは騒音です。

上下の部屋は顔を合わせることは少なくても、騒音に関するトラブルが起きやすいため、挨拶をしておくことで問題を回避しやすくなります。

 

ただ、単身用のマンションやアパートの場合、近年は挨拶回りをしない傾向があるようです。

特に女性の一人暮らしの場合は「女性が一人」という情報を漏らすことで防犯上のリスクが高まるため、女性限定のマンション・アパートや社員寮など特別なケースを除き、挨拶は控えた方がいいでしょう。

 

・一戸建ての場合

一戸建ては、いわゆる「向こう三軒両隣」、自宅の向かい三軒と、両隣に挨拶をしにいきます。

もし家が隣接している場合は、裏の三軒にも挨拶をしましょう。

 

一戸建ては自治会などの近所付き合いが多いため、広い範囲に挨拶をしておくと今後のお付き合いがスムーズになります。

また、新築の一戸建てに引っ越す場合は、工事期間中に騒音など迷惑をかける機会が多くなってしまうため、地鎮祭当日など着工前に挨拶をすると良いでしょう。

 

今は工務店やハウスメーカーの方が施主の代わりに挨拶をしに行くことが多いですが、これから何十年と住むのは施主です。

ぜひ一緒に同行し、挨拶と迷惑をかけてしまう旨を伝え、ご近所と良い関係を築けるようにしましょう。

 

いずれの場合も、挨拶回りの際に不在という可能性がありますが、そのときは日を改めて挨拶にいきます。

もし2、3回訪れても不在だった場合は、名前、引っ越した日、伺った際に不在だったために手紙を投函する旨を書いた挨拶状と、手土産を郵便ポストに入れましょう。



 

持参する品物は何が良い?のしはあったほうが良い?

挨拶回りでは手土産を持参するのが一般的です。手土産がないと「非常識」という印象を与えかねませんので、必ず用意するようにしましょう。

では、実際にどのような品物を選べばいいのでしょうか?

 

まず、金額は500~1000円くらいが相場となっています。

あまり高額なものを持参すると、かえって恐縮させてしまい、お返しが必要かと気を遣わせてしまいますので、気軽に受け取れる範囲内の値段で用意しましょう。

 

そして、品物はあとに残らない消耗品が適しています。残るものは好みに合わない場合だと困らせてしまいますし、初対面では重く感じることもあります。

したがって、形に残らない定番品が無難です。

 

具体的には、以下のようなものになります。

 

タオル

何枚あっても困らないタオルは贈り物の定番です。好みが分かれる柄物は避け、無地のものを選ぶと良いでしょう。

 

お菓子

ちょっとしたお菓子の詰め合わせは人気のギフトです。

賞味期限が長く日持ちするものを選びましょう。

また、人によって好みがありますので、クッキーやお煎餅など万人が食べやすいものを用意しましょう。

 

洗剤、石けん、入浴剤

こちらもよく手土産に選ばれている定番品です。

しかし、やはり好みが分かれる品物でもあります。

家によっては洗剤や石けんにこだわりを持ち、決まったものしか使わないと決めている場合もありますし、入浴剤は使わないという家もあります。

もしこれらを贈る際には、無香料か微香タイプで肌に優しい成分のものが少量パックで入ったものを選ぶと良いでしょう。

 

その他には、ラップや食料保存プラスチック袋、ギフト用トイレットペーパー、ごみ袋のセットなどの日用品も引っ越しの挨拶用ギフトとして選ばれています。

万人に喜ばれる品物を選ぶことは難しく、どうしたらいいのか悩んでしまいますが「定番で無難な消耗品」の条件に沿ったものであれば、少なくとも変な印象は持たれないはずですよ。

 

また、品物にのし紙を付けると、より贈答品としての形が整いますので、付けることをお勧めします。

のし紙には、品物にのし紙をかけ、その上から包装紙で包む「内のし」と、包装紙の上からのし紙をかける「外のし」がありますが、引っ越しの手土産は外のしにします。

 

また、水引は紅白の蝶結びを選びましょう。

蝶結びは何度も結び直せることから、繰り返しても良い祝い事に使われるものです。一般的に引っ越しは慶事とされているので、紅白の蝶結びの水引が適しています。

 

表書きについてですが、旧居の挨拶の場合は「御礼」、新居の挨拶の場合は「ご挨拶(御挨拶)」の文字を入れ、水引の下に苗字を書きます。

その際、ボールペンなどは避け、濃墨の毛筆で書きましょう。

このようにして渡せば、名前も覚えてもらえますし、自己紹介の手段としてものし紙は必要だといえます。

 

挨拶の時間帯はいつが良い?

それでは、引っ越しの挨拶はいつ行けば良いのでしょうか?

引っ越し当日は、荷物の積み下ろしによる人の出入りで騒がしくなったり、トラックが道路に駐車して道を塞いだりと、どうしてもご近所に迷惑をかけてしまいます。

 

旧居の場合も、新居の場合も、できれば引っ越しの前日までに挨拶をしておくと良いでしょう。

もし、新居が遠方であるなど、前日までに挨拶をするのが難しいようであれば、引っ越しの作業が終わってから、当日中に行くようにしましょう。

 

時間帯は、昼食時間(12~13時)を避けた10時から18時の間が適しています。

朝の時間はバタバタして忙しいですし、夜は夕食を食べながらゆったりと寛ぐ時間です。

 

そのような時間帯は避け、先方の迷惑にならないようにしましょう。

また、何回か訪問しても不在だった場合は、前にも書きましたが、挨拶状と手土産を一緒に郵便ポストに入れておきましょう。

 

 

ご近所付き合いが希薄になっている昨今ですが、いざという時に助け合える関係を築いておくと心強いですよね。

そのためにも、まずは最初が肝心です。

引っ越し先での生活をより良い形でスタートさせるためにも、旧居のご近所へはこれまでの感謝とお礼を伝え、気持ちを新たにして、新居のご近所へ挨拶に伺いましょう。

 

広告 日本の行事2

-1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.