日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

お祭りの金魚すくいで持って帰った金魚の飼い方は?

更新日:

お祭りで出店の定番といえば金魚すくい。

ポイ(金魚をすくう紙を貼った道具)で、大きな水槽の中を泳ぎ回る金魚を追いかけた経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

しかし、手に入れた金魚を自宅に持ち帰ってみても、すぐに金魚を飼育できる環境が整っているわけではありませんよね。

お祭りで持ち帰った金魚を飼育するために、身近なものですぐ生育環境を整える方法を紹介していきます。

 

お祭りの金魚すくいで持って帰った金魚の飼い方は?水槽やぶくぶくはないけれどどうすればいい?

金魚をすくったあと、ビニル袋に金魚と水が入っている状態でもらいますよね。

お祭りの金魚に限ったことではありませんが、水の中にいるとはいえ、金魚も私たちと同じように生きていくうえでは酸素が必要です。

 

持って帰ってきた小さい袋の中の水には、含まれている酸素が少ないため、酸素の多い水に移し替えてあげなくてはいけません。

しかし、水道をひねって出てくる水にいきなり持って帰った金魚を入れても、元気になるどころか、どんどん衰弱していくばかりで、数日ほどたてば死んでしまうでしょう。

 

水道水にはカルキ(塩素)が含まれており、まずはカルキ抜きを行ってから、金魚用の水にしてください。

100円ショップや、釣り道具屋さんに行ければ、中和剤(カルキ抜き)を買い、水道水に混ぜます。

 

もし、その余裕がないのであれば水道水を沸騰させてカルキを飛ばすか、軟水のミネラルウォーターを購入して代用しましょう。

そして金魚の入っている袋をその水の中にそのまま入れて、袋の中の水温と水槽の水温を慣らします。

 

急激な水温の変化は、金魚にとても負担になりますので、必ず水温を慣らしてから移してくださいね。

水槽がないのでしたら大き目のバケツでも構いませんし、洗剤類がついていない洗面器やプラケースでも可能です。

 

とにかく、今いる水の量では少ないので、早めに倍以上の量の水の中へ移してあげましょう。

水温を慣らして30分以上したら、そこで初めて酸素の準備です。

 

本来であれば、ぶくぶく(エアレーション)を水槽の中に入れて酸素を発生させてあげなければいけないのですが、これもない場合には、数日程度でしたら生きられるので、金魚に頑張ってもらいましょう。

水面にパクパク顔を出し始めたら危険信号ですので、翌日以降に一刻も早くぶくぶくを買いに行きます。

 

ここまできたら、今度は金魚を元気にしてあげるため、「塩水浴」をさせてあげてください。

塩水浴とは水1リットルに対して小さじ1の塩で塩水を作り、そのなかで金魚を過ごさせることです。

 

免疫力が落ちてしまっていたり寄生虫や細菌が増えていたりしている金魚を元気にする作用がありますので、これを行うことがお祭りの出店で持ち帰った金魚を長生きさせる最大のコツになります。

ここまでに数日かかっても、エサをあげない状態で問題ありません。

 

大きな場所に移して餌をあげれば、元気になると思うかもしれませんが、エサをあげることによって水質の低下が引き起こされ、弱った金魚に深刻なダメージを与えます。

1~2週間はエサを食べなくても平気と言われていますので、金魚が住みやすい環境が整ってからエサやりを行いましょう。

 

エサは5分程度で食べきれる量を与えるようにして、食べ残しで水槽を汚さないようにしてください。

以上のことに気を付ければ、お祭りの金魚すくいで持ち帰った金魚は、元気に長生きしてくれるでしょう。

 

金魚すくいの注意点

お祭りの出店にいる金魚は、一つの水槽に対し個体数の多い劣悪な環境で、金魚すくいによりお客さんに追いかけまわされ大変弱っています。

もともと弱っている金魚を持ち帰ってしまった場合や、持ち帰るまでに乱暴に扱って金魚にストレスを与えてしまうと、正しい飼い方でも死んでしまうことがあります。

出店の水槽で大人しい金魚は弱っている可能性が高く、すくいやすそうだからと安易に狙って持ち帰ると長生きしてくれないので注意しましょう。

広告 日本の行事2

-1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.