日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

「なまはげ」 その由来や歴史、意味とは?

更新日:

「なまはげ」といったら、鬼のお面で手には包丁を持ち、子供ならみんな泣き叫んでしまう恐ろしい風貌。「泣く子はいねがー」と言って、人々の家を訪ねまわる風景を見たことある人も多いはずです。

「なまはげ」とは何なのか?

このような行事を行う意味や「なまはげ」が生まれた理由を解説します。

 

「なまはげ」の発祥・歴史・由来とは?

そもそも「なまはげ」とは、秋田県男鹿市などで大晦日に行われる民俗行事です。寒い冬に囲炉裏に長時間当たっていると、「ナモミ」や「アマ」と呼ばれる低温火傷が手足にできることがあります。

この低温火傷ができるほど怠けているものを戒めるため、ナモミを剥いだ「ナモミ剥ぎ」が訛り、「なまはげ」と呼ばれるようになりました。

 

「なまはげ」の発祥は、中国の王朝であった武帝が男鹿を訪れ、5匹の鬼を毎日のように使役していたところ、正月の15日だけに解き放たれた鬼たちが里を荒らし回ったという伝説からなります。

昔から言い伝えられていた伝説や習俗が起源となっており、「なまはげ」の正確な発祥はわかっていません。

 

また、「なまはげ」は1年に1度やってくる年神様とされ、穀豊穣をもたらしてくれる神様でもあります。

その年の稲が豊作になるよう祈願するのですが、「なまはげ」の腰部分に稲のわらが用いられているのはこれが由来と言われています。



「なまはげ」は、東北地方だけの行事?

「なまはげ」が一番有名なのは秋田県ですが、日本各地にも「なまはげ」に似た行事が存在します。

秋田県秋田市には「やまはげ」、能代市には「ナゴメハギ」、山形県の遊佐町には「アマハゲ」と呼ばれるものがあり、東北以外ですと主に本州北部の日本海沿岸部に同様の行事が見られます。

 

愛知県宇和島地方では、前述の低温火傷のことを「あまぶら」と呼び、あまぶらができるような怠け者がお手洗いに入ると、「あまぶらこさぎ」あらわれて、あまぶらを剥いで去っていくという伝説も存在しています。

他にも新潟県村上市や石川能登地方には「あまめはぎ」という妖怪がいるとされ、こちらも囲炉裏や火鉢に長時間当たるとできる低温火傷のことを指す、「あまめ」を「剥ぐ」ことからこのように呼ばれています。

 

それぞれの方言により、異なった呼び方で類似の行事が浸透しているのです。

「なまはげ」の持つ包丁または鉈はナモミを剥ぐためとされ、剥いだナモミを入れるために桶を持っています。

 

付けている鬼の面は赤や青が主流で、赤い面は「ジジナマハゲ」、青い面は「ババナマハゲ」と呼ばれており、白いお面や緑のお面など、表情も地域によって様々です。

国重要無形民俗文化財とされ、秋田県男鹿市には博物館もありますので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

 

「なまはげ」は、なんのための行事?期間は?

この「なまはげ」ですが、新年を迎える際に災いを払う他、子供や嫁いだ女性に対して祝福を与えるとも言われています。

無意味に泣く子供を追いかけまわしているわけではなく、ありがたいお祭りなのです。

 

江戸時代には正月15日に行われておりましたが、明治に改暦したことにより1か月前倒しで開催されるところも見られるようになりました。

戦後はさらに時期が前倒しされ、現在のように大晦日に行われるようになったのです。

 

昔から東北地方においては、子供の教育の一環としてなまはげを強い恐怖として覚えさせ、以降悪さをした際に「なまはげが来るよ」などと言い、しつけをするとしていました。

しかし、近年ではこのように子供を脅かす行動に問題があるとされ、行事を受け入れる家庭が減少しています。

 

鬼の面を付け、手には包丁を持つその姿が子供のトラウマになると、テレビ番組でも議論となるほどです。

古くから伝わる伝統行事ですが、「なまはげ」が一番有名な秋田県民でも賛否両論あるので、「なまはげ」を見られる日がいつか無くなってしまう日も来るかもしれません。

 

しかし、先日「男鹿のなまはげ」が国連教育科学文化期間の関連機関から無形文化遺産の登録が決定されました。

世界中からも注目が集まることもあり、大切に守っていきたい文化ですね。

 

関連記事:「かまくら」はどうやって作るの?

 

広告 日本の行事2

-1月, 2月, 12月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.