日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

大安・赤口・仏滅・友引・先勝・先負はどう読むの?どういう意味?由来は?

更新日:

大安・赤口・仏滅・友引・先勝・先負はどう読むの?どういう意味?由来は?

カレンダーに小さく書いてある、「大安」「赤口」「仏滅」といった名前はいったい何のことなのか不思議に思ったことはありませんか?

「結婚式などのお祝いは大安がいい」「友引に葬式は行わないほうがいい」などといった話もよく耳にしますよね。

それぞれの意味と由来ついて、詳しく説明していきます。

 

大安・赤口・仏滅・友引・先勝・先負とは

大安・赤口・仏滅・友引・先勝・先負のこれら6つは六曜(ろくよう)または六輝(ろっき)といい、暦上の日を6種の吉凶日に分けたものです。

14世紀の鎌倉時代末期から室町時代にかけて中国から伝わったもので、1か月(30日)を5等分して6日を一定の周期とし、それぞれの日を星ごとに区別するための単位としています。

 

六曜は先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の順で繰り返しますが、旧暦の毎月1日の六曜は下記のように固定されています。

先勝 1月・7月
友引 2月・8月
先負 3月・9月
仏滅 4月・10月
大安 5月・11月
赤口 6月・12月

 

その名称や意味は、伝来当時から少し異なっており、現在では赤口以外のすべて名称が変わっています。

明治時代に入って吉凶付きの暦注は迷信であるとし、政府はこれらを一切禁止にしました。

 

しかし、六曜を必要とする要望が多く、第二次世界大戦後には、そういった政府からの統制もなくなったため再び民間で流行し現在に至ります。

ゲン担ぎや占いが好きな国民性は、昔から変わらなかったようですね。

 

六曜は一般的なカレンダーには広く用いられてきましたが、公共機関が作成しているものでは使用されず、掲載を取りやめるよう行政指導を行っている機関もあります。

これは、根拠のない迷信であることや、混乱を避けるためです。

 

このように、積極的な廃止を受け、カレンダーに記載しているものが少なくなったり、携帯電話でスケジュール管理を行う若者が増えたりしているため、そもそも六曜を知らない人も増えてきました。



六曜の詳細

 

大安(たいあん・だいあん)

「大いに安し」といった意味があり、六曜の中でもっとも吉の日とされています。

何をしても成功につながる日とされ、この日に結婚式を行う人が多いです。

 

また、自動車の納車日や建物の着工・引き渡しなどにもこの日は選ばれますが、この日には何も行うべきではないとの説もあります。

それは、大安が文化年間(1804年~1817年)までは「泰安」と表記され、もっとも良い状態であるこの日に恩恵を受けるべく、ゆったりと過ごしなさいといった意味が込められていると考えられているからです。

 

しかし、内閣の組閣も大安の日を選んで行われていますので、私たち日本人の多くは何かをはじめる日に大安を選んでいます。

 

赤口(しゃっこう・しゃっく)

六曜のなかで仏滅と同じくらい不吉な日であるとされ、午の刻(11時から13時)は吉、それ以外は凶です。

「万物は光と影のように相対の性質が存在する」といった定義を基に作られた陰陽道の赤舌日(しゃくぜつにち)由来し、この日は羅刹神といった鬼が支配する日であることから不吉とされています。

 

しかし、赤口の赤が太陽および昼を意味していることから午の刻は鬼が休憩をとる時間だと考えられ、前述のようにこの時間帯だけは吉としています。

その他にも、赤は血や火を連想させるため、刃物や火を扱う職業の人の人や死を連想するものには注意が必要であるとされていました。

 

結婚や祝い事などの行事はしないほうがいいと考えられている日です。

 

仏滅(ぶつめつ)

赤口同様に不吉な日とされています。

赤口と仏滅のどちらがより大凶日であるかは様々な説がありますが、仏滅は終日凶であるため六曜の中でもっとも不吉な日です。

 

仏の入滅・釈迦(しゃか)の死を意味し、この日に病気にかかると長患いになると言われています。

もともと、仏は関係がなく、「空亡」「虚亡」の文字が使われていました。

 

すべてが空・無になるとされ、これが「物滅」の文字になっていき、いつからか仏滅が使われるようになりました。

1日中、凶が続く日ですが、近年では「悪いものを滅してくれる日」であるとも考えられています。

 

すべてがなくなり、これ以上悪くならない様子から、引っ越しなど環境が変わるタイミングや新しいことをはじめる際にあえて選ぶ人もいます。

 

友引(ともびき)

読んで字のごとく、友を引くといった意味があり、お祝い事などのめでたい行事であればお裾分けを意味しますが、お葬式やお通夜などは友を引いていってしまうと考えられています。

そのため、火葬場などは友引を定休日にしているところが多いようです。

 

昔は「共引」の文字が使われており、何事も引き合い、良いことも悪いことも半分ずつといった意味が込められていました。

このことが上記のお裾分け、道連れのような意味に繋がります。

 

11時から13時までの3時間を凶とし、それ以外は吉ですので、友引に行事を行う際には昼の時分を避けるのが正しい考え方です。

 

先勝(せんしょう)

先んずれば勝つといった意味が込められ、急ぐことが良いとされる日です。

午前中は吉、14時から18時までは凶ですが、昔から丑三つ時(1時から3時)を避けた4時から11時までに済ませるのが良いと言われています。

 

昔は「即吉」の文字が使われていたことから、何事も積極的に急いで行うと幸いに繋がります。

大安や友引がお祝い事を行う日として知名度が高く、結婚式場やお祝いの場が抑えられなかった場合には先勝の午前中を選ぶのがおすすめです。

 

午前中から行っていれば午後になってしまった場合でも、気にすることはありません。

大安や友引よりも割り引かれているところもありますので、六曜に関心がない場合は選ぶといいでしょう。

 

先負(せんぶ)

先勝の逆で、先んずれば負けるといった意味です。

かつては「小吉」「周吉」と書かれ吉日とされていましたが、字面に影響され現在のような解釈がされました。

 

何事も急ぐと仕損じることを示し、何か行動をするなら午後に行います。

午後といっても、昔から夜には悪い迷信が多いため16時までには行動を済ませるのがおすすめです。

 

この日は、平静を保って過ごすといいと考えられているので、変化や新しく何かをはじめるのは避けましょう。

負の字がついていますので、時間帯に関係なく提訴や契約ごとを避ける日とも考えられています。

 

まとめ

六曜を縁起の良い順番と悪い順番、吉とされる時間帯をまとめると以下の通りです。

良い順番

1.大安:終日吉。結婚式やお祝いごとに選ばれる日。

2.友引:昼前後が凶、それ以外が吉。大安同様、お祝い事に選ばれる日。ただし、お葬式など不幸な事はNG。

3.先勝:午前中が吉、午後が凶。急ぎごとや勝敗を分けるものは午前中に。

 

悪い順番

1.仏滅:終日凶。六曜を気にしない人が選びます。

2.赤口:昼前後が吉。仏滅同様に選ばれることは少ない日。

3.先負:午前中が凶、午後が吉。急がば回れという日です。

 

前述したように六曜は迷信であり、科学的根拠はありません。

中国から伝わったとされていますが、詳しい由来や暦として確立された時期などは明らかになっていないからです。

 

諸葛亮(しょかつりょう)が考案し軍略に役立てていたとされていますが、その時代にあったとは考えにくいとされています。

基本は、占いのひとつとして浸透したと考えられているので、六曜が示す事柄にとらわれ過ぎないようにしましょう。

赤口以外の名称や名前が時代とともに変わってきているところを見ても、それほど深刻に気にする必要はないようです。

 

広告 日本の行事2

-1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.