日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

「猫の日」何をしたら良い?猫の気持ちいいことは?「ねこ検定」とは?

更新日:

「猫の日」というのをご存知でしょうか?

聞きなれない人も多いと思いますが、実は世界的にも有名な素晴らしい記念日なのです。

「猫の日」を初めて聞いたという方や、名前を聞いたことはあるけれどよくわからないという人のために、なぜこのような日があるのか、この日にはどのようなことをするのかなど詳しく説明していきます。

 

猫の日とは何?由来は?

「猫の日」とは、愛猫家の学者や文化人からなる猫の日実行委員会が、ペットフード協会と協力して1987年に制定した記念日のことです。

「猫との暮らしに感謝し、猫と共にこの喜びを噛み締める日」とされ、「にゃん」「にゃん」「にゃん」と2月22日を語呂合わせしたものが由来となっています。

 

また、日本で猫の日といえば2月22日ですが、「世界猫の日」とされるのは8月8日です。

これは、1969年に設立された国際動物福祉基金(IFAW)が2002年に制定した記念日で、日本の猫の日と同じように猫を愛でる日です。

 

IFAWとは世界中の動物の暮らしと生息地を守る活動を40か国以上で行っている団体であり、絶滅が危惧される動物も多い近年、大変重要な活躍をしています。

なぜ、8月8日が世界猫の日だということははっきりわかってはいませんが、私たち日本人の猫好きにしてみたら、年に2回も猫の日があるのは嬉しくなってしまいますね。

 

猫の日には何をしたら良い?

この日に何をするのかと思っている人もいると思いますが、特に祝日という訳でもなく、あえてあげるならペット用品を扱うショップでセールが行われています。

この機会に、普段あまり買わないようなおやつなんかを買って、さらに可愛がってあげるといいかもしれませんね。

 

また、猫の日にちなみ、全国各地で様々なイベントが行われています。

猫の殺処分ゼロを実現している千代田区では「ちよだ猫まつり」という、チャリティイベントを開催しています。

 

猫グッズの販売や保護猫の譲渡を行っており、2017年には小池都知事が来場したことでさらに注目を集めました。

2018年のちよだ猫まつりは2月17日~18日に開催予定ですので、お近くの方は足を運んでみてください。

 

他にも、2017年に始まったばかりの「ねこ検定」というものがあります。

これは、専門的分野以外にも猫のことを広く深く知りたい人に向けた、ねこマスターになるための検定です。

 

仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡と全国各地の会場が用意されていますので、興味のある方は受験されてみてはいかがでしょうか。

試験日は2019年3月24日(日)で、受験申し込み締め切りが2月25日(月)までなのでお早めに!

https://www.kentei-uketsuke.com/neko/index.html



猫の気持ちいいことは?

個体差はありますが、猫が気持ちいいと感じるポイント5つと、撫でて欲しいときのサインを紹介していきます。

まずは気持ちいいと感じるポイントですが、以下の通りです。

おでこ

のど

耳のうしろ

背中

しっぽの付け根

顔周りや背中は知っている人も多いと思いますが、しっぽの付け根はご存知でしたか?

しっぽの付け根にはたくさんの神経と筋肉がついているので、触られてほぐされることにより、気持ちいいと感じています。

 

ブラッシングの際などに少し叩いてあげるようにマッサージするのもおすすめです。

しかし、神経が多いために嫌がる猫もいます。

 

反応をきちんと見てあげて、体をひねったり手を噛んできたりするようなことがあれば、しっぽに触られることを不快に感じているのでやめましょう。

撫でて欲しいときや構ってほしいときのサインですが、何かと邪魔をしてきたり、前足でふみふしてきたりしたら、それは猫が撫でて欲しいサインです。

 

そういうとき、たっぷりと撫でてあげることで、より信頼関係を築けますので、これからも、かわいいい猫に対して、たっぷり愛情を注いでいきましょう。

関連記事:「戌の日と犬の日の違いは何?由来は?」

 

広告 日本の行事2

-2月, 8月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.