日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

春一番っていつ頃なの?どういう意味?吹かない年もあるの?

投稿日:

春一番とはどのようなものかご存知ですか?

なんとなくお天気ニュースなどで聞いたことはあるけれど、詳しくはよくわからないという方に、春一番とはいつ頃にあるものなのか、意味や由来について説明していきます。

日本の四季をより感じられるようになるため、ぜひ知識を付けてみてください。

 

春一番って毎年いつ頃なの?なぜその時期?

まず、春一番を感じられるようになるのはいつ頃なのかと言いますと、だいたい毎年立春から春分のあいだ、2月から3月の半ばにかけてです。

日本海を進む低気圧に向かって南側の高気圧から風速8m/s以上の風が吹くことにより、前日に比べて気温が上昇することが春一番の発生条件となっています。

そもそも、低気圧と高気圧もよくわからないという方の為に簡単に説明すると、低気圧とは空気が上空に移動する上昇気流が発生しており、雲が発生しやすい状態です。

上昇気流が発達し雲が増えると雨の原因にもなるため、イメージとしてはお天気地図に低気圧を見かけたら天気が悪いまたは雨だな、というように解釈するといいでしょう。

反対に高気圧は地上に移動する下降気流の多い状態で、雲が発生しづらくなっており、このため高気圧に覆われているところでは天気が良くなります。

冬の日本付近では、低気圧の上昇気流によって上空で冷えた空気が、ユーラシア大陸からの高気圧に押されるため、冷えた空気が日本をかこみます。

これが原因で冬の寒さが出来上がるのですが、この状態を西高東低の冬型の気圧配置といい、日本海側が太平洋側に比べて厳しい寒さになるのは皆さんもご存知ですね。

そして春が近づき、徐々にユーラシア大陸からの高気圧の勢いが弱まると、太平洋側の南寄りの暖かい風が強く吹き込み、春一番が発生するという訳です。

 

春一番って、そもそもどういう意味?

春一番という名前は、江戸時代に春の強風に煽られた漁船が転覆し、大勢の漁師が命を落とした事故が元となっています。

春先に吹くこの強風を、漁師たちは「春一」と呼んでおり、事故をきっかけに多くの人々に広まりました。

その後、1963年に新聞で取り上げられ、全国的に「春一番」と呼ばれるようになったのです。

暖かさを感じられて心地よい風ですが、このような意味が込められていたことを知っている人は少ないのではないでしょうか?

単純に春を知らせる暖かい風というわけではなく、風速8m/s以上ともなる歩きづらさを感じられるものですので、春一番が発生している日はなるべく外出は控えるのがおすすめです。

ちょうど花粉の時期もはじまりますので、春一番の強風によって早い人ではこのころから花粉症の症状を感じる人もいます。

おでかけの際には花粉対策をしっかりとはじめてもいいころです。

 

春一番は吹かない年もあるの?

春一番は必ずしも毎年発生するわけではなく、発生条件の基準に当てはまらなければ春一番の観測はなしとされることもあります。

また、全国的に吹き荒れることはありますが、どこにも吹かなかったことはないので毎年どこかでは観測されています。

春一番の発生条件は地域により少し変わることもあり、たとえば日頃から強い風の吹きやすい地域では、基準となる風速の値が高く設定されるなどです。

他にも沖縄や山梨では警戒が必要なほど強風が吹くことはなく、長野・東北・北海道では南からの風が吹いてもまだまだ冬の気候が続くために春一番自体を観測しません。

春一番が観測されたとき以降、同じように南寄りの風が複数回発生した場合には「春二番」「春三番」などと呼ばれることもありますが、この風が吹いたからといってそのまま陽気な気候になるわけではなく、また寒さが戻るため、体調管理には気を付けたい時期です。

広告 日本の行事2

-2月, 3月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.