日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

建国記念日は間違い?建国記念の日が正解?

更新日:

 

 

「建国記念の日」が「建国記念日」でないのはなぜ?

2月11日が「建国記念の日」として定められたのは、昭和41年です。

もともとは「起源節(きげんせつ)」と呼ばれ、明治5年から昭和23年までを祭日としていましたが、戦後GHQ(連合軍総司令部)によってこの祭日は廃止。

 

その後の起源節を復活させようとする動きから「建国記念の日」と名前を変え、再度国民の祝日として認められるようになりました。

さて、ではなぜ「建国記念日」ではなく「建国記念の日」なのでしょうか?

「記念日」という言葉は、歴史的事実として確定している場合でないと使えないからです。

建国の定義は国によって異なりますが、多くの場合は建国されたという日が決まっています。

 

しかし、日本は建国神話(日本神話)を基に定められているため、歴史的事実として確定されていないのです。

このため、「建国記念日」ではなく、「建国記念の日」と呼ばれる祝日になりました。

 

ちなみに祭日と祝日の違いは、皇室を中心とする神道のお祭りのことを指すのが祭日、その国の歴史的な出来事に由来したり、功績のあった人物を称えたりして制定された記念日のことを祝日と言います。

大雑把にまとめると、皇室祭祀令(こうしつさいしれい)が廃止される昭和22年までは祭日、翌年の昭和23年から祭日と呼ばれるものはすべて祝日に変わりました。

現在では法律上の祭日は存在しないので、昔の名残がそのまま浸透してしまっているようですね。

 

そもそも、日本はいつ建国したの?

前述したように明確な建国の時期を示す記録は存在しておらず、はっきりとわかっていません。

建国記念の日は初代の天皇とされる神武天皇が即位した紀元前660年1月1日(旧暦)、2月11日(新暦)とされていますが、この人物は日本神話の人物であり、実在しなかったと言われています。

 

神武天皇の即位について記されている書記は「日本書紀」にしかなく、歴史的事実としては信憑性に欠けるものなのです。

この神武天皇、100歳以上まで生きていたとの記述が残っているのですが、今の時代の医療があるならまだしも、その時代だと少し考えづらいですよね…。

 

現在、奈良県橿原市(かしはらし)の橿原神宮では、神武天皇が亡くなったとされた4月3日に神武天皇祭が執り行われています。

日本最古の正史ともされる日本書紀において日本建国の地と記された橿原では、古くから「神武さん」と呼ばれ、深い敬慕と親しみをもってお祭りが行われているのです。

 

地元や近郷、他県からの参拝者で賑わいますので、興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

「建国記念の日」が2月11日になったのはなぜ?

この神武天皇をめぐる「建国記念の日」は、1957年頃から9度にわたり法案が提出され続けました。

なぜこんなにも成立に至らなかったというと、神武天皇の即位が事実ではないとされたからです。

 

しかし、昭和41年、建国記念の日となる日を定める政令により、いよいよ2月11日が「建国記念の日」とされました。

建国されたかどうかの事実はさておき、建国されたということそのものを祝福すべき日だと決められたのです。

 

神武天皇が即位されたとされるのは紀元前660年前。

建国から2600年以上も経っており、日本は世界最古の国とも言われています。

日本は歴史が深いですね。建国記念の日には、あらためて、日本人であることに感謝しましょう。

広告 日本の行事2

-2月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.