日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

「節分」の食べ物とは?その起源や由来とは?

投稿日:

「鬼は外、福は内」のかけ声とともに豆を投げた経験はありませんか?そう、2月3日は節分ですね。節分とは本来1年に4回もあることはご存知でしたか?

そのなかでも2月3日が節分と呼ばれるようになったのはなぜなのか、どうして大豆をまくのか、さらには節分の日に食べるものなどについて詳しく説明します。

 

節分の風習はいつから始まったの?

節分とは本来、季節が移り変わる節日のことを言い、立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれ前日、1年に4回ありました。ではなぜ、2月3日のみ節分と言われるようになったのでしょうか?

旧暦では、1~2月は春、3~6月は夏、7~9月は秋、10~12月は冬とされ、1年は春にはじまると考えられました。このことから、立春を1年のはじまりとし、節分といえば春の節分のみを指すようになったのです。

また、その昔日本では中国から伝わったとされる「追儺(ついな)」という厄払いの儀式があり、この行事が最初に行われたのが奈良時代です。室町時代以降は食べ物の豆をまいて鬼を追い出す行事へと発展。

だんだん立春と追儺の厄払いが混在していったことが節分の起源となっています。

 

節分の日に豆をまくのはなぜ?まき方は決まりがあるの?

食べ物をまくなんてもったいないと思うかもしれませんが、農耕が生活の中心だった時代には、豆は邪気を払う力があると考えられていたのです。この豆は大豆のことを指し、米の次に神事に用いられてきました。

豆まきに使われるようになった理由は様々で、米よりも粒が大きいことから邪気を払うのに最適であったり、大豆を鬼の目に投げて退治したという伝説があったりしたことがはじまりと言われています。

豆のまき方ですが、鬼が来るとされる夜に、一家の主人またはその年の干支生まれの年男年女、厄年の人が豆をまき、使う豆は炒った豆でなくてはなりません。

生の豆を使うと、まいた豆から芽が出て縁起が悪いからです。

「鬼は外」と言いながら家の外に向かって2回まき、今度は「福は内」と言いながら、部屋の中に2回まきます。

豆まきが終わった後は、まいた豆を自分の年齢よりも1つ多く食べると健康になるとされていますので、室内の豆を食べ、外にまいたものはすぐに片づけましょう。

近年では、散らからないように工夫された個包装の豆が売っていますので、片付けが大変だという方はそちらを利用するのがおすすめです。

 

節分の日の食べ物は地域によって違う?9種類もある?

この日に食べるものとして有名なのが、その年に縁起の良いとされる方角を向きながら食べる恵方巻です。

包丁で切らずに口から離さないように食べ、食べている最中は言葉を発してはいけないなど、恵方巻を食べる際にはルールがあります。

みんなでひたすら同じ方向を見ながら黙々と食事をするのは面白い風景ですね。
恵方巻以外に節分に食べるものですが、地域によってばらつきがあり、

・大豆

・落花生

・いわし

・こんにゃく

・けんちん汁

・そば

・くじら

・福茶

以上、恵方巻を含むと9種類あると言われています。

いわしは鬼が嫌いな臭いとされており、鬼を追い払う効果があると考えられていました。昔から臭いものや尖ったものには魔除けの効果があるともされていましたので、焼いたいわしの頭を柊の枝に刺して作った、柊いわしを戸口に飾り、身を食べることで邪気を払います。

また、落花生を食べるのは北海道がはじまりと言われ、主に東北の寒い地域で使用されています。

理由としては、積もった雪の上でも発見しやすく、殻に入っているため拾った後に食べやすいことがあげられます。

恵方巻き、大豆、いわしはどの地域でも節分の食べ物として有名ですが、落花生、こんにゃく、けんちん汁、そば、福茶はあまり知っている人が少ないようです。

特に、くじらについては、山口県での風習なので初めて知った人も多いのではないでしょうか?大きいもの(クジラ)を食べると縁起が良いとされていて、節分の時に食しているようです。

広告 日本の行事2

-2月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.