日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

「バレンタイン」・「バレンタインデー」その由来や意味とは?

更新日:

2月14日、男性も女性もこの日は少し浮足立ってしまうのではないでしょうか?

日本では、女性が好意を寄せる男性へチョコレートを送ることの多いイベントですが、友達同士で贈りあう「友チョコ」やお世話になっている人に贈る「義理チョコ」、近年ではチョコレート以外の贈り物も増えてきました。

そもそもバレンタインとはどうして始まったのか?

バレンタインの由来や歴史、外国でのバレンタインの習慣やチョコレート以外にプレゼントされるものについてご紹介していきます。

 

バレンタインデーの発祥・由来とは?

歴史はローマ帝国の時代までさかのぼり、当時は皇帝により婚姻が禁止されておりました。

これは戦争の際、故郷に恋人を残すと兵士の士気が下がると考えられていたからです。

 

哀れんだキリスト教の司祭、ヴァレヌンティウス(Valentinus)がひっそりと人々の結婚式を行っておりましたが、皇帝の耳に知れることとなり大激怒。

2度とそのような行動をしないように皇帝が命令するも、屈しないヴァレヌンティウスは2月15日の豊作を祈願するルぺルカリア祭の生贄として選ばれました。

 

祭りの前日に生贄として処刑され、惜しくもその生涯を終えましたが、愛を祝福し続けたヴァレヌンティウスは恋人たちの守護聖人として崇敬され続けたのです。

このことから、2月14日はヴァレヌンティウスの名前を取り、バレンタインと呼ばれる恋人たちの日となりました。

バレンタインデーの由来とは、私たちが思っていたよりも深い歴史があったようです。

 

日本のバレンタインデーの始まりはいつから?

日本でバレンタインデーが浸透し始めたのは、昭和30年代(1950年代)に入ってからです。

諸説ありますが、製菓メーカーが当時まだ高価な食べ物としてあまり普及していなかったチョコレートの売り上げを伸ばすために行った商業戦略がきっかけとされています。

これが今では大成功し、バレンタインシーズンになると、どこもチョコレートを店頭に並べ、女性客で溢れかえっていますね。

 

ちなみに現在のような女性が男性に思いを伝える習慣は1970年代に入ってから定着し、このバレンタインの文化ができるまで長い年月がかかりました。

バレンタインデー定番のハート形のチョコレートは、神戸で誕生したモロゾフが日本で初めて発売したと言われており、近年ではハート形だけでなく、動物や工具、虫などといったユーモアあふれるチョコレートもたくさん出てきています。

 

外国では、男性が女性にプレゼントするの?

バレンタインデーはキリスト教の祭日として知られていましたが、宗教に関係なく愛を伝えるイベントとして外国でもポピュラーなものとなってきています。

思いを寄せる女性に告白したり、パートナーに愛を伝えたりする日とされ、イタリアではプロポーズをする男性も多いのです。

 

日本のバレンタインとは反対に、外国では男性から女性へ贈り物をするのが一般的なようで、日本では3月14日にバレンタインのお返しを行うホワイトデーがそれにあたりますね。

しかし、ホワイトデーは日本人の「何かいただいたらお返しをする」という国民性からできたとされ、欧米やヨーロッパにこのような習慣はありません。

 

外国でも、プレゼントはチョコが定番?

チョコレートを贈る習慣は、日本独自のものだということはご存知ですか?

外国では愛を象徴する赤いバラをプレゼントすることが多くみられ、贈る相手も愛する人ひとりだけです。

 

また、食事などのデートに行くことがメインで、贈り物はおまけとして考えられています。

中国、韓国など東アジアの一部では、日本と同じようにチョコレートを贈るところもありますが、そのほかの地域では花束と共にメッセージカードや、ぬいぐるみ、風船などといったプレゼントを贈っています。

広告 日本の行事2

-2月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.