日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

ひな祭りの雛人形は何種類あるの?

投稿日:

女の子のお祭りとして知られるひな祭りですが、この期間に飾られる雛人形の意味や種類についてはご存知ですか?

ひな祭りの目的や人形の種類、さらには不要になった雛人形はどのようにすればいいのか詳しく紹介していきます。

 

雛人形とひな祭りの関係とは?何種類あるの?

雛人形とは、女の子が生まれた時に健やかな成長を願って飾る、男女一対を基本とした人形のことです。

この雛人形と言えばひな祭りですが、もともとは女の子のお祭りではありません。

その昔中国で起こった上巳節(じょうしせつ)が起源とされ、3月上旬のような季節の変わり目に水辺で邪気を祓う習慣がありました。

これが遣唐使によって日本に伝えられ、禊(みそぎ)の神事と結びついたものがひな祭りとなったのです。

人形が身代わりとなって我々の悪い行いを水に流すという意味合いと、平安時代の貴族が紙の人形でおままごとをしていたことがルーツとして考えられています。

また、ひな祭りが「桃の節句」と呼ばれているのは、桃の開花時期に重なることや、桃の木が邪気を払う神聖な木とされていたことからきています。

ひな祭りが女の子のお祭りとされたのは、江戸時代に入ってからで、5月5日の端午の節句が男の子のお祭りであることに対し、男の子のお祭りがあるのならば女の子のお祭りも定めよう、と徐々に浸透していきました。

雛人形は宮中の様子を表すとし、主に婚礼を意味しています。「早く雛人形を片付けないとお嫁に行き遅れる」と言われているのは、この部分からきているのですね。

内裏雛(だいりびな)と呼ばれる男女の人形は、正式には男雛(おびな)と女雛(めびな)と呼びます。

その下の段に3人官女と呼ばれるお内裏様に仕える女官がおり、さらには音楽隊の五人囃子、お内裏様の護衛の随臣(ずいじん)、主に雑用を引き受ける仕丁(じちょう)の順に段々と飾られ、それぞれ人形の種類により役割があります。

しかし、近年では7段タイプのものよりも、あまり場所をとらずに済む内裏雛のみのコンパクトサイズのものが人気です。

 

雛人形は何歳まで飾るものなの?

雛人形を飾る年齢は、地域や風習によっても異なりますが、実際は特に決まりはありません。

自分の身代わりとして災いを払う役割があるので、小さい女の子でなくとも極端に言ってしまえば結婚したあとでも飾っていいのです。

雛人形を飾る時期は、立春が終わった2月4日以降から2月の中旬あたりが目安とされ、遅くともひな祭りの2週間後には片付けるようにしましょう。

前述したような「早く片付けないとお嫁に行き遅れる」というのは、片付けもきちんとできない女性だと結婚できませんよ、といったしつけの意味合いからきています。

大安や友引の日に飾るのが良いとされ、前日に慌てて飾るような一夜飾りは縁起が悪いと言われているので、余裕をもって飾りつけを行いましょう。

人形をしまうときには天気のいい日を選び、湿気がこもらないように気を付けると、傷まないよう保管できます。

 

不要になった雛人形はどうすれば良い?

できれば大切に取っておきたい雛人形ですが、保管にも場所をとったり、飾る機会が無くなってしまったりしていると可哀相ですよね。

では、不要になった雛人形はどのようにしたらいいでしょうか?

そのまま粗大ごみとして出すことも考えられますが、人形ですのできちんとお寺や神社で供養に出すことをおすすめします。供養にかかる費用は5千円~1万円程度が平均ですが、お寺や神社にきちんと確認してから供養に持ち込みましょう。

また、状態の綺麗なものは人に譲ったり寄付をしたりすると大変喜ばれます。

修理が必要だと思われるものには、雛人形を買ったメーカーや人形専門の修理業者に問い合わせて、修理をしてもらうこともできます。

なかなか高価なものですし、思い出深いものでもあるので、このように他の人の手に渡って長く大事にされるのもいいですね。

 

広告 日本の行事2

-3月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.