日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

耳の日とは?歴史や由来は?イベントはあるの?

投稿日:

3月3日は耳の日です。

この日は、ひな祭りを思い浮かべる人が大半だと思いますが、実は耳の愛護デーともなっています。

耳は、私たちが生活するうえで、大きな支えとなっていますよね。

耳の日の歴史や由来を知り、耳の大切さについて今一度考えてみましょう。

 

耳の日とは?歴史や由来は?

耳の日は、難聴と言語障害をもつ人々の悩みを少しでも解決したいという願いから始められたもので、日本耳鼻咽喉科学会の提案により昭和31年に制定されました。

3月3日の「3」の音が「みみ」に通ずることが、この日が耳の日の由来になったと考えられています。

 

また、歴史の上で電話の発明者として知られるグラハム・ベルの誕生日でもあり、グラハム・ベルは重度の聴覚障害を持つ子を対象とした教育の第一人者です。

グラハム・ベルは音声に関する学者であった父と、難聴であったピアニストの母との間に生まれ、自身の奥さんも難聴でした。

 

父と同様にグラハム・ベルも発音の研究をしており、そんな親子のもとにある日視覚と聴覚に障害をもった子供の父親が相談に訪れます。

内容は子供の教育に関するもので、相談に対しグラハム・ベルは障害者を対象にした学校の校長を紹介し、子供には女性の家庭教師がつくことになりました。

 

その子供こそが「ヘレン・ケラー」であり、障害者の教育・福祉に尽力した偉人です。

ヘレン・ケラーの家庭教師の名をアン・サリバンといい、この2人が出会ったのもまた3月3日でした。

 

ヘレン・ケラーはアン・サリバンに出会って、手で話しをする「手話」や指で文字を読む「点字」を学び、他者とコミュニケーションが取れるようになります。

そして、自分と同じように病気で苦しんでいる人たちのために様々な活動をし、後世に名を残していますね。

 

このようなことを踏まえて、3月3日はこれ以上ないくらい耳の日に適する日であったことがわかりましたでしょうか。

WHO(世界保健機関)は今後、難聴者は増加していくと発表しています。

 

これは、高齢化社会が進むと同時に、スマートフォンやヘッドホンなどの普及が大きく関係しています。

他にも、音響機器利用や娯楽イベント等での大音響によって、若者は深刻な難聴リスクに晒されており、音量を下げたり連続して聴かないように休憩をとったり、オーディオの使用を1日1時間までに制限するなどの注意を呼びかけています。

 

世界では、約3億6000万人が日常生活に支障が出る聴力障害を抱えていると言われているのです。

 

耳の日のイベントはあるの?

耳の日には、東京都聴覚障害者連盟が「耳の日記念文化祭」を行っています。

この連盟は、東京都に在住する聴覚障害者の生活・文化・教育の水準向上を図るとともに、聴覚障害者に対する理解を広め、一般社会への参加を促進することを目的とした団体です。

 

2018年の耳の日記念文化祭は3月3~4日に東京都障害者福祉会館・港区立勤労福祉会館で行われ、耳に関する相談コーナーはもちろん、バザーや書籍販売、占いコーナーや着付け教室、さらに夜にはナイトバーまで出店されるほど大盛り上がり間違いなしのイベントです。

毎年3月3日前後の週末に行われていますので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

他にも市町村ごとに講演会や相談会を行っているところもあります。

難聴の方には欠かせない補聴器の相談会や最新の補聴器の無料貸し出し、周辺機器のプレゼントなどを行っている眼鏡屋さんもありますので、お住まいの地域で耳の日にイベントを行っている場所を探してみるのもおすすめです。

 

3月3日は自分の耳を大切にすることを思い出し、聴覚障害者への理解を深めるきっかけにしましょう。

広告 日本の行事2

-3月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.