日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

お彼岸の意味とは? 時期や期間は? 食べ物は?

更新日:

「お彼岸だからお墓参りに行くよ」と言われた経験はありませんか?

でも、「お盆」にも同じように言われたことがあるような。

なぜこの時期にお墓参りをするのでしょうか。

お彼岸の意味やお盆との違い、お彼岸に食べるとされるものを詳しく説明していきます。

 

お彼岸とは何? 年に2回あるのはなぜ?

お彼岸は3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間を合わせた7日間のことです。

仏教では、仏さまのいる世界を彼岸といい、私たちが生きているこの世を此岸(しがん)と呼びます。

 

この「彼岸」は西に位置し、「此岸」は東に位置するとされています。

春分の日と秋分の日は太陽が真東から昇り、真西に沈むことから彼岸と此岸がもっとも近づきます。

 

以上のことから先祖を供養する時期に適していると考えられ、年に2回お彼岸があるのです。

そしてお彼岸とは、私たちがご先祖様の元に出向いて供養する期間とし、反対にお盆はご先祖様をお迎えして供養する期間とされています。

 

2018年のお彼岸は下記のとおりです。

春のお彼岸

彼岸入り 3月18日(日)
中日   3月21日(水)
彼岸明け 3月24日(土)

秋のお彼岸

彼岸入り 9月20日(木)
中日   9月23日(日)
彼岸明け 9月26日(水)

 

暑さ寒さも彼岸まで?その理由は?

この言葉は、お彼岸が春分と秋分にあることから作られた慣用句です。

冬の寒さは春分のころまで、夏の暑さは秋分のころまでに和らぎ、凌ぎやすくなるという意味が込められています。

春分の日と秋分の日は昼と夜の長さがほぼ等しくなりますし、気象庁の観測データに基づいても大変根拠のある言い回しなのです。

 

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?

前述したように、お彼岸はあの世とこの世が最も近づく日とされ、ご先祖様に会いに行く日です。

仏教は日本以外にもありますが、お彼岸にお墓参りをするという習慣は日本独自のもの。

 

元々農業活動が主体で生活していた日本人には、仏教が伝わる前から先祖供養と自然に感謝する習慣がありました。

春には1年の豊作を願い、豊作の秋には先祖に感謝するということから、春分の日と秋分の日にお墓参りをすることに繋がっていったと言われています。

生かされていることへの感謝、ご先祖様への感謝を大昔からずっと大切にし続けている伝統行事を、これからも大切にしていきたいですね。

 

お彼岸はなぜ7日間あるの?お彼岸に食べるものとは?その理由は?

さて、ではなぜお彼岸は7日間もあるのでしょうか。それは仏教の教え、六波羅蜜(ろくはらみつ)というものからきています。

本当の幸福を得るための6つの条件とし、以下の修業があります。

1.布施(ふせ)
人の為に惜しみなく善い行いをすること

2.自戒(じかい)
ルールを守り、互いに譲り合いながら生きていくこと

3.忍辱(にんにく)
どんな苦難にも耐え忍ぶこと

4.精進(しょうじん)
努力し続けること

5.禅定(ぜんじょう)
心を冷静に保ち動揺しないこと

6.智慧(ちえ)
真実を見極める力をつけること

 

これらを1日1つ行い、7日目に修業を収めるという考えの基から、お彼岸は7日間とされているのです。

そんなお彼岸ですが、この期間に食べるものが「おはぎ」と「ぼたもち」です。

 

春のお彼岸には「ぼたもち」を、秋のお彼岸には「おはぎ」をお供えしたり食べたりします。一見、同じ食べ物だと思っている人も多いですが、「おはぎ」と「ぼたもち」の違いは、あんこが「つぶあん」か「こしあん」かによって呼び方が変わるのです。

これらをお彼岸に食べる理由としては、あんこに使われる小豆の赤い色が、災難から身を守る魔除けの効果があると信じられていたからです。

ご先祖様に、「おはぎ」や「ぼたもち」をお供えし、お彼岸の中日には食べて、きちんと供養を行いましょう。

広告 日本の行事2

-3月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.