日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

花まつりとは?由来は?イベントはあるの?

更新日:

4月8日の花まつりはご存知でしょうか?

あまり馴染みのない方も多いと思いますが、花まつりは仏教徒の行事です。

花まつりとはどんな行事なのか詳しい説明と、その由来についてご紹介していきます。

仏教と聞くと近寄りがたいイメージのある方も、この記事を読めばお釈迦様が身近に感じられるはずです。

 

花まつりとは?由来は?

花まつりは、灌仏会(かんぶつえ)とも呼ばれ、お釈迦様が誕生した日を祝う日です。

4月8日に生まれたことから、毎年この日に花まつりは行われます。

 

お釈迦様はおよそ2500年前のインドで生まれました。

本名はガウタマ・シッダールタといい、最初に仏教の教えを開いた人です。

 

インドのシャーキヤ族の王様であったことから「シャーキヤ族の聖者」と呼ばれ、それが日本に仏教が伝わった際「シャーキヤ」という呼び名に「釈迦」の漢字があてはめられました。

そして、尊敬の意味を込め、現在のようにお釈迦様と呼ばれることとなります。

 

お釈迦様は、母であるマーヤーの脇の下から生まれた伝説と、生まれてすぐに7歩歩いて、右手で天を左手で地を指し「天上天下唯我独尊」と唱えたという伝説があります。

 

この言葉の意味は、「世界の中で我のみが尊い。今ここに生まれてきたが、再び生きることはない」とされていますが、一般的には個人を尊重する言葉であり、「人間ひとりひとりに使命があって、それぞれがかけがえのない存在である」ことを意味しています。

 

そして花まつりのお釈迦様の像は、この言葉を言ったときの格好をしています。

花まつりのイベントについては、後述していきますが、お釈迦様の像を見つけたらこの言葉を思い出してみてくださいね。

 

花まつりの由来は、お釈迦様が生まれたとされるルンビニ園がたくさんの花に囲まれた場所であったため、4月8日のお誕生日にはたくさんの花をお供えすることから花まつりと呼ばれるようになりました。

 

また、日本ではこの時期が桜の満開と重なるため、親しみを込めて花まつりの呼び名で広まったとも考えられています。





 

花まつりの日にイベントはあるの?

花まつりの日になると、各地の寺院がイベントを行っています。

一般には4月8日に行われていますが、地方によっては旧暦の4月8日、あるいは5月8日のところもあります。

 

花まつりでは、お釈迦様の像に甘茶をかけます。

ユキノシタ科アジサイ属のヤマアジサイの変種で、私たちが普段見慣れているアジサイによく似た花の葉を使ったお茶です。

 

お釈迦様が生まれた時に、天に9匹の龍があらわれ、甘露の雨を降らせたと言われています。

そしてこの水を使って産湯にしたことが、お釈迦様の像に甘茶をかけることの由来となっていますが、当初は5種類の香水をかけていました。

 

甘茶をかけるようになったのは江戸時代以降です。

甘茶は、名前の通り甘いお茶で、砂糖の何倍もの甘みがありながらカロリーゼロのため、ダイエット中の方や糖尿病患者のために砂糖代わりとして用いられます。

 

他にも抗アレルギー作用があるため、アトピーや花粉症の方などにもおすすめです。

甘茶の葉を2~3分煮立てた後、浴槽に入れて入浴剤として使用すれば美肌効果も期待できるでしょう。

 

甘茶は、化粧品の原料としても使用されているので、興味のある方はぜひお試しください。

お釈迦様の像に甘茶をかける以外にも、花まつりでは子供たちが白い像に花見堂を乗せ、練り歩く稚児行列があります。

 

これは、お釈迦様の母であるマーヤーが、白い像がお腹の中に入る夢を見てお釈迦様を身ごもったと言われているため、それにならい白い像は大変縁起の良いものだと信じられているからです。

 

気候も暖かくなるころ、たくさんの花に囲まれながらお釈迦様の誕生を祝う花まつりは、とても心が和む行事です。

稚児行列を行う寺院では、行列に参加するお子様を募集しているところもありますので、機会があれば、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

広告 日本の行事2

-4月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.