日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

年度始めが4月なのはなぜ?海外は?

更新日:

1年の始まりといえば1月1日の元旦。

しかし、学校や会社など、生活に関わる多くの場面では、4月を境にした年度を用いることが一般的です。

いったいどうして4月なのでしょうか?

年度始めが4月である理由と、海外での年度初めはいつからなのかを合わせて説明していきます。

 

年度始めが4月なのはなぜ?

年度とは、特定の目的のために規定された1年の区切り方で、主に会計など事務作業を目的としています。

正式には「会計年度」と呼び、官公庁が予算を執行するための期間を指します。

 

そもそも年度始めが4月からとなったきっかけは明治時代のことでした。

当時はまだ年度といった概念はなく、国家会計は旧暦の1月から12月までを区切りとする「1月~12月制」が採用されていました。

 

ところが、政府の税金収入源は農家のお米で、秋に収穫したお米を農家が現金に換えて納税し、それから予算編成をしていくと、1年の始まりである1月(旧暦)では間に合わないという事態が発生。

そこで、新米の収穫時期に合わせて、旧暦の10月から9月までを区切りとする「10月~9月制」を導入します。

 

しかし、これもまた、現在使われている新暦が導入されると共に変更され再び「1月~12月制」に戻り、その後さらなる税収のため土地を対象とした納税の納期に合わせて「7月~6月制」へと変更。

こうしてしばらくしたところ、戦争や紙幣整理などによって経済は不安定となり、税収が減少しているところへ軍備が拡大を図ります。

 

国家財政は余裕がなくなりその場を凌ぐため、明治17年度には酒造税を取り入れることに。

当時酒税は納期が年に3回あり、第1期が4月、第2期が7月、第3期が9月となっていたため、会計年度を酒造税の納期である4月(3月末迄)に合わせる必要が発生し、明治19年に現在のような「4月~3月制」が実施され、明治22年に法制化されたのです。

 

二転三転とし、現在の4月が年度始めとなることに落ち着きましたが、税収の都合以外にも当時世界一の経済力を誇ったイギリスにならって会計年度を4月にしたとも考えられています。

この海外の年度始めについては後ほど詳しく説明していきますね。

 

学校が4月から3月の区切り(学校年度)である理由も、会計年度に伴い明治25年に変更されています。

それまで江戸時代の寺子屋や明治時代の初期の学校では、入学時期が決まっておらず、いつでも入学可能で、個人の勉強の進みにばらつきがあったため、一度海外にならって9月から8月という区切りを作りました。

 

しかし、明治22年に年度始めを4月に法制化されることが決まってから、国や都道府県から補助を貰っている学校も、会計年度に合わせて4月入学に変えられていったのです。

昭和に入ってからほぼ統一され、戦後新卒の就職が一般化したと同時に、民間企業もほとんどが4月からを新年度としました。

 

海外の年度始めはいつ?

日本で年度が始まったきっかけのひとつであるイギリスでは、1751年まで年の始めは3月25日だったと言われています。

キリの悪い日付に感じますが、これは古い時代の春分にあたる日です。

 

「その年の支払いはその年のうちに」「しかしこの日から1週間は猶予とする」といった考えが、新暦に変わってからも3月31日を締め切りとするイギリスの会計年度の基となりました。

海外でも日本のように1年の始まりと会計年度が異なる国もあれば、両方とも同じ国もあります。

 

日本と同様に1年の始まりと、会計年度が異なるのは、カナダ・デンマーク・インドなどです。

フランス・ドイツ・ロシア・中国・韓国などでは、1月スタートの12月決算月で、1年の始まりと年度が同じとなっています。

 

他にもオーストラリア・ノルウェー・スウェーデン・ギリシャなどでは、年度を7月スタートの6月決算月にしており、10月スタートの9月決算月なのはアメリカ・タイ・ミャンマーなどがあります。

以上のように、年度は、地域ごとにまとまっているわけではないようです。

日本のお米のように、海外でもその国によって様々な理由があるのかもしれませんね。

 

広告 日本の行事2

-4月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.