日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

「こどもの日」端午の節句とはどういう意味?五月人形はいつまで飾るの?由来は?

投稿日:

5月5日はこどもの日。

こいのぼりや五月人形を飾り、別名「端午の節句」とも呼ばれる国民の祝日です。

この日は、男の子のお祭りと認知されていますが、こどもの日と端午の節句はどのような関係にあるのでしょうか?

また、起源や不要になった五月人形はどのようにすれば良いか説明していきます。

 

こどもの日と端午の節句の関係とは?起源はいつから?

その昔、中国から伝わった五節句という、季節の節目に神様への祈祷や邪気を払う行事が行われていました。

5つの節句は以下のようになります。

 

・1月7日 人日(じんじつ)の節句

「七草の節句」七草がゆを食べ、1年の豊作と無病息災を願います。

 

・3月3日 上巳(じょうし)の節句

「桃の節句」ひな祭りのことで、女の子の健やかな成長を願います。

 

・5月5日 端午(たんご)の節句

「菖蒲(しょうぶ)の節句」こどもの日とも呼ばれ、男の子の健やかな成長を願います。

 

・7月7日 七夕(しちせき)の節句

「笹の節句」短冊に願いを書き、笹に飾ることで願いが叶うとされる日です。

 

・9月9日 重陽(ちょうよう)の節句

「菊の節句」あまり聞いたことのない節句ですが、菊を鑑賞し長寿を願う日です。

 

5月5日には菖蒲やよもぎを飾り、厄払いをする風習がありました。

それが武道や武勇を重んじることを意味する尚武(しょうぶ)と響きが似ていることから、武士の時代に男の子と結びつくようになり、端午の節句が男の子の健やかな成長を願う日となったのです。

端午の節句がこどもの日として定められたのは、第二次世界大戦後の昭和23年(1948年)、国民の祝日に関する法律によって決められました。

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福を願う日とされ、5月5日のちょうどよい暖かな気候からこの日になったと言われています。

当初は男女差別などの声もあげられましたが、男女関係なくお祝いをする日だと徐々に認識され、今ではこどもの健やかな成長を願う日となりました。

 

五月人形は何歳まで飾るもの?

五月人形の飾りはじめですが、厄を引き受けてくれるものとされていますので、赤ちゃんが生まれて初めて迎える端午の節句までに飾るといいでしょう。

何歳まで飾り続けるのかというところですが、明確には決められていません。

七五三の最後となる7歳までや、昔の大人入りの年齢とされていた15歳までなど様々です。

また、五月人形同様に端午の節句で有名なのがこいのぼりです。

鯉が滝をのぼり、竜となって天に登るという中国の伝説にちなんで、こどもに立派になってほしいとの願いが込められています。

立派なものほど飾り付けが大変ですが、内飾りとして五月人形を、外飾りとしてこいのぼりを飾っておくことで、神様に赤ちゃんがここにいると知らせるものなので、ぜひ行いましょう。

 

不要になった五月人形はどうすれば良い?

あまり飾ることも無くなった五月人形は、できればずっと保管しておきたいものですが、そういうわけにもいきませんよね。

不要になった五月人形は、粗大ゴミに出すことや、人形供養としてお寺や神社に引き取ってもらう方法があります。

ゴミに出してしまうのが一番手軽ですが、人形には魂が宿ると考えられていますので、なんとなく罰当たりな気がして処分に困っている人も多くいます。

供養にかかる費用は5千円~1万円程度が平均ですので、お寺や神社にきちんと確認してから供養に持ち込みましょう。

自身で持ち込んで供養してもらうことが難しい場合、近年では代行サービスなどもありますので、そちらを利用することをおすすめします。

他には人に譲ったり寄付をしたり、リサイクルショップで売るなどの方法もあります。

あなたのお家の子供を守ってくれた飾りたちが、また他の家庭で活躍してくれたら嬉しいですね。

広告 日本の行事2

-5月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.