日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

父の日(2019年6月16日・日曜)に喜ばれるプレゼントとは?お酒以外に何が良い?

更新日:

今年の父の日の贈り物はもう決めましたか?

2019年の父の日は6月16日です。

父子家庭で育ったアメリカ人女性が、自分を含め6人を育て上げた父親を敬うため、母の日にならい父の日も作るべきだと働きかけた結果、1972年に祝日と定められました。

日本では1950年頃から広まり始め、多くの人々が父の日を認識し始めたのは1980年代です。

毎年6月の第3日曜日にあたり、幸福や希望の象徴である黄色がイメージカラーとされています。

母の日よりも決めがたい父の日のプレゼントは、こちらを参考にしてみてくださいね。

 

父の日のプレゼントは何が良い?

 

洋服(シャツ)

夏も間近になり蒸し暑い日が続く中、そんなときにピッタリの贈り物がシャツです。

お父様がスーツを着るお仕事であればワイシャツでもいいですし、普段着用にTシャツやちょっとお洒落な柄シャツをあなたのセンスで選んでみてはいかがでしょうか?

洋服の贈り物は好みの問題もあり、なかなかハードルの高いものですが贈る相手が男性の場合、女性よりも大切に着てくれる人が多いです。

シャツのようにシンプルなものだと、普段よく着ている服の色を参考にすれば選ぶのもそう難しくはありません。

万が一、好みのものでなかったとしても自宅用として着ることも可能ですので、お酒以外の父の日のプレゼントに大変おすすめです。

名入れを行っているところもありますので、世界に一つのオーダーメイドシャツをプレゼントするのもいいでしょう。

 

マッサージ機

日頃頑張っているお父様に贈りたいのがマッサージ機です。

一昔前の大きなマッサージチェアではなく、見た目はクッションでマッサージ機能が搭載されているものやネックピロー型のマッサージ機など、近年マッサージ機は小型化してきており大変使いやすく、お値段も1万円代で購入できます。

保管に場所をとることなく軽量化もされているために、使いたいときにさっと取り出せて疲れを癒します。

さらに、マッサージ機は肩や腰だけではなく、足専用のものもあります。

足先の冷えは女性だけではなく年配の男性にも増えてきていますので、足用のマッサージ器をプレゼントして、全身の血行を良くしてあげましょう。




電動歯ブラシ

歯ブラシは毎日行うことですが、電動歯ブラシを使ったほうが手を動かして磨くよりも汚れが落としやすくなります。

また、電動歯ブラシは力を入れ過ぎて磨くことがないので、エナメル質を削ったり歯茎を傷めたりすることがありません。

エナメル質を削ってしまうと知覚過敏の原因にもなり、食事を楽しめなくなる可能性が出てきます。

健康でいるためにいつまでも歯を大事にしておきたいものです。

歯磨きの最低時間は3分と言われていますので、適切な力加減と時間を守れる電動歯ブラシを、この機会に贈ってみてはいかがでしょうか。

 

食事券や旅行券

子供の成長を喜ばしく思う反面、だんだんと寂しい気持ちが増してくるお父様も多いはずです。

そんなときは物をプレゼントするのではなく、一緒に食事や旅行を楽しんで、家族の時間を増やしてみてはいかがでしょうか。

年を重ねるとなかなか素直になれず寂しい気持ちを伝えることは難しくなりますので、こちらから積極的に時間を作ってあげると、表面的にはわからなくとも内心は嬉しい気持ちでいっぱいになります。

子供の頃によく行った場所に出かけてみるのもいいでしょう。

照れくさいかもしれませんが、父の日をきっかけに家族の絆を深めるのもおすすめです。

 

父の日のプレゼントは、お酒以外ですと上記のものをおすすめ致します。

また、プレゼントを貰ってももったいなくて使えず、何年も大事に保管している人が多いようです。

使用しているところが見られなくとも、贈ったプレゼントが喜ばれることは間違いありませんので、ぜひこの機会に日頃の感謝を伝えてくださいね。

広告 日本の行事2

-6月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.