日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

「そうめん」とにゅうめん、ひやむぎの違いは?アレンジするには?

投稿日:

暑い時期になると食べたくなるそうめん。

つるっとしたのど越しで、食欲の落ちているときにも大変食べやすいですよね。

そうめん以外にも、にゅうめん、ひやむぎとありますが、違いはいったいどのようなものなのでしょうか?

一見、すべて同じように見えるこれらの詳しい説明と、そうめんのアレンジ方法を紹介していきます。

 

「そうめん」とにゅうめん、ひやむぎの違いは?

そうめんは祝い事や忌み事の席で食べられることも多く、日本や東アジアで大変親しまれている麺です。

乾麺として流通するため、1年を通していつでも手に入れることができ、涼しげで食べやすいことから夏に好まれています。

 

まずは、このそうめんとにゅうめんの違いについて説明します。

にゅうめんは、そもそも「煮る麺」の発音がなまったものと言われており、温かい汁を使った料理です。

 

冷やして食べるそうめんに対し、温かいにゅうめん。

もとはどちらも同じ麺を使ったもので、温度の差が名前の違いとなっています。

 

茹でた麺に熱いつゆをかけたり、つゆ、出汁などで煮込んだりして風邪のときなどに食べた経験がある方もいるのではないでしょうか?

また、にゅうめんをよく食べる地域では冷たいものを「冷やそうめん」と区別して呼ぶこともあります。

 

主食にも副菜にもなるそうめんは、和風・洋風・中華やエスニックなど多くの味付け、茹でるだけでなく揚げたり炒めたりと、日々様々なアレンジで多くの人に親しまれています。

 

次に、そうめんとひやむぎの違いです。

コンビニやスーパーなどの店頭では、そうめんの近くにひやむぎも並べられていることがあります。

 

このことから、にゅうめんのように、そうめんと同じ食べものではないことはご存知だと思いますが、2つの明確な違いは太さにあります。

日本農林規格(JAS)は、長径1.3mm未満が「そうめん」、1.3mm以上1.7mm未満のものを「冷や麦」と規定しています。

 

ただし、近年、機械による製麺が主となっていているため、手延べ製法の場合には1.7mm未満のものであれば、そうめんとひやむぎのどちらでも名乗って良いことになっています。

ちなみに1.7mm以上になるとうどん、さらに4.5mm以上になるときしめんと呼ばれます。

 

主原料に小麦粉と塩を使用し、乾燥させた製法の麺類はこのように分類しており、同じ麺類でもそばに関しては太さによる定義はありません。

重量比でそば粉の配合率が30%以上なら、分類上はそばです。

 

上記のことから、にゅうめんはそうめんを温かく調理したもの、ひやむぎはそうめん以上うどん未満の太さの麺であることがわかりました。




アレンジするにはトッピングは何が良い?

単純にそうめんを麺つゆにつけて食べるだけでも美味しくいただけますが、頻繁になってくると飽きてしまいますよね。

そんなときはトッピングにネギやのり、天かすや大葉などを麺つゆに入れたり、そうめんをラーメンやパスタのような味付けにしたりして食べるのがおすすめです。

 

トッピングをすると、味にアクセントがつき、飽きがなく楽しめます。

そうめんをラーメンやパスタのように調理をすれば、その麺の細さからも大変食べやすく、茹で時間が短いため調理時間を短縮できるのがメリットです。

 

食欲の落ちる暑い季節だと、納豆やオクラなどのネバネバした食材を使用することで食欲増進効果が得られ、夏バテ対策にぴったりです。

他にも、サラダに使ってみたりスープに使ってみたり、どのような調理方法でも馴染んで美味しいのがそうめんの良いところです。

 

その他には、離乳食や幼児食としても大変食べやすいので、大人のついでに一緒に茹でて薄めの味付けをし、細かく冷凍して使いたいときに温めなおせば、すぐに使用できます。

小さいお子様のいる方は、ぜひそうめんを使った料理を楽しんでみてください。

広告 日本の行事2

-7月, 8月, 9月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.