日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

立秋とはどういう意味?何月?由来は?食べ物は?

更新日:

秋が立つと書いて立秋ですが、この日は毎年8月7日頃になります。

まだまだ夏真っ盛りのこの時期に、なぜ立秋なのでしょうか?

立秋の由来やこの日に食べると良いとされるもの、立秋と秋分の違いについて詳しく説明していきます。

 

立秋とは何月でどういう意味があるの?由来は?

2018年の立秋は8月7日です。

私たちがいる地球は、太陽の周りを回っていますが、地球から宇宙を見たときに太陽が1年のあいだに通る道を黄道(こうどう)といいます。

立秋の由来は、この黄道を通る太陽の傾き(黄経)が135度に達したときを立秋と定められているからです。

二十四節気の立春から数えて12番目にあたる節気で、うるう年の関係により毎年同じ日ではないこともあります。

秋という字がつくのに8月7日が立秋だなんて不思議に思うかもしれませんが、もともと二十四節気は中国から伝わったものなので日本の四季と少しずれがあり、そのため暦の上ではすでに秋を示しています。

この日以降は、暑中見舞いではなく残暑見舞いを出すようにしましょう。

立秋を過ぎても梅雨が明けない場合は梅雨明けの発表がされなくなり、東北地方では梅雨明けなしとなることがあります。

とはいえ、雨の続く日がずっと続くわけではないので、特に気にすることはありません。

また、立秋の次の節気の処暑(しょしょ)も立秋に含まれ、8月7日から22日頃までのことを指します。

立秋の前後には甲子園が開会し、ちょうど開催期間も立秋なので、甲子園が開会したら秋の訪れ、と覚えるといいかもしれませんね。

 

立秋に食べるものとは?

お正月やこどもの日のように、この日をお祝いするための決まった食べ物などはありませんが、日本バナナ輸入組合が8月7日とバナナを語呂合わせし、バナナの日と定めています。

大人も子供も大好きな栄養満点のバナナで夏バテに打ち勝ちましょう、という意味を込めて決められました。

バナナの皮をむいてラップに包んで冷凍し、ミキサーにかけてシェイクにすると食べやすくとても美味しいです。

冷凍したものをそのまま食べても独特な食感で楽しめるので、この時期はバナナを食べてみるのもいいかもしれません。

他にもこの時期に旬な食べ物は、オクラやナス、ゴーヤなどがあげられます。

オクラは特有のネバネバ成分で夏バテ予防に効果的です。

ナスは食欲が落ちがちなときに味噌炒めにすると食べやすく、ゴーヤはゴーヤチャンプルーにするなどしてお酒のおつまみにするのもおすすめです。

暑い夏はバーベキューやビアガーデンを楽しむことも多いので、そんなときにこれらの食材を使って調理をしてみてはいかがでしょうか。

 

立秋と秋分の違いは?

立秋はこの日以降、徐々に秋が訪れることを意味していますが、同じ秋の字を使った秋分はどのような意味があるのでしょうか。

秋分とは、二十四節気で立秋から数えて3つ目にあたる節気です。

昼と夜の長さが同じになるとされ、この日から夜の時間が長くなっていきます。

また、昼と夜の長さがほぼ等しくなることから、あの世とこの世がもっとも近づく日ともされ、秋分の日はご先祖のお墓参りをする習慣があります。

2018年の秋分の日は9月23日で、立秋同様その年によってずれるので、22日が秋分である場合もあります。

以上のことからまとめると、立秋は秋の訪れを知らせる日、秋分は昼と夜が同じ長さの日、ということです。

感覚としては、立秋が秋のはじまりで、秋分が秋の中間だと考えると覚えやすいでしょう。

 

広告 日本の行事2

-8月

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.