日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

仏壇の配置はどこが良い?リビングでも良い?注意点は?

投稿日:

仏壇は「仏様をお祀りする家の小さなお寺」「ご先祖様のお家」という2つの意味を持ち、現世を生きる私たちと故人を繋ぐ、大切な絆です。

大事なご先祖様ですから、「粗末に扱いたくない」と仏壇の配置に悩む人は多いのではないでしょうか。

こちらでは、適切とされる配置や注意点について詳しく説明していきます。

 

仏壇の配置はどこが良い?リビングでも良い?

仏壇の向きは宗派によって良いとされる向きが異なります。

これにともない、家の中で配置する場所が変わってくると思いますが、まずは仏教における方角についての考えを正しく理解していきましょう。

 

一般的に仏壇の向きで良いとされるのは「南」と「東」です。

これは、それぞれ異なる地域の慣習が関係しています。

 

南向きが良いとする南面北座説は、中国から伝わったもので、中国では王などの身分の高い人は南を向いて座り、家来は北を向いて座ります。

これが日本に伝わって、敬意を払うべき仏様も南を向くのです。

 

東向きが良いとされる東面西座説はインドの慣習で、日の出の方角である東が立身出世(高い官職や地位につき、有名になること)の象徴とされているからです。

インドでは、主人は東向きに座ることが良いと考えられていたので、これが日本にも伝わり仏壇を東向きに置くようになりました。

 

また、極楽浄土は西にあるとされ、その極楽浄土の方角を向いて祈るために仏壇は東向きになっているという考えもあります。

以上の考えを基に、宗派によって仏壇を置くのに良いとされる向きに違いがあるのです。

 

曹洞宗(そうとうしゅう)や臨済宗(りんざいしゅう)では仏壇を南向きに置きます。

これは、中国の慣習の他、お釈迦様が説法をするときに南向きに座っていたことが関係しています。

 

浄土真宗(じょうどしんしゅう)・浄土宗(じょうどしゅう)・天台宗(てんだいしゅう)では、仏壇を東向きに置くことが多いです。

理由としては、この3つの宗派は本尊として阿弥陀如来(あみだにょらい)を祀っており、阿弥陀如来は西の極楽浄土にいるとされているため、その方角に向かって祈るのに仏壇は東向きに適していると考えられているからです。

 

真言宗(しんごんしゅう)は、拝む方向の延長線上に総本山がくるように仏壇を置くため、特定の方角は決まっていません。

日蓮宗(にちれんしゅう)も同様に、どの方角に向けて置くという決まりはなく、自由に置く人が多いです。

 

仏壇を配置するには、仏間を設けるのが理想ですが、家族の人数や部屋数によってはなかなか難しいですよね。

そこでおすすめしたいのがリビングです。

 

家族の集まるリビングに置くことによって仏様を身近に感じることができ、家族みんなでお参りできます。

近年では小型の仏壇も販売されていますので、思い切って買い替えてみるのも良いでしょう。




設置するときの注意点は?

宗派によってある程度、配置する向きが決まっていますが、仏壇を置く場所についていくつか注意点があります。

仏壇が痛みやすくなってしまうため、直射日光を浴びてしまうような場所や多湿な環境は避けましょう。

 

また、仏壇と神棚を向かい合わせに置くことも望ましくありません。

これはそれぞれにお祈りをしているとき、一方にお尻を向けてしまうことになりますので、神様仏様に対して失礼です。

 

向かい合わせに関しては、昔ながらの日本家屋には必ずといっていいほどある床の間と、仏壇を向かい合わせにすることも良くないとされています。

床の間はその家で最高の上座になりますので、これに向かい合うように置かれた仏壇は下座になってしまいます。

 

仏壇を置く向きは、宗派によって異なるとお話ししましたが、基本的に仏教ではどの方角にも仏様はいると考えられています。

お住まいの環境に適した配置を見つけられると良いですね。

関連記事:神棚の配置はどこが良い?リビングでも良い?注意点は?

広告 日本の行事2

-一般

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.