日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

神棚の配置はどこが良い?リビングでも良い?注意点は?

投稿日:

各家庭の屋内や会社、お店などに設置される神棚ですが、正しい配置場所はご存知でしょうか?

神棚とは神様のお家ですので、きちんと設置しないとご利益を得られないどころか、運気を下げてしまうとまで言われています。

適切な方角や、配置するにふさわしい場所などを詳しく説明していきますので、これから神棚の設置を考えている方は参考にしてみてください。

 

神棚の配置はどこが良い?リビングでも良い?

本来神棚というのは、神社などでいただいたお札を祀り、家の守り神として崇める宗教的意味と、先祖より受け継いできた日本人としての道徳心を養う意味があります。

そして、この神棚を設置することにより、神様をお家や会社、お店などに迎え入れてご利益が得られるわけですが、ただ設置すればいいのではなく、正しい場所に配置しなくてはなりません。

 

最低条件として、家の中の最も清らかで明るく、家族全員がお供えしたりお参りしたりしやすい場所を選ぶようにしましょう。

おすすめなのは家族が集まりやすいリビングです。

 

設置する位置は目の高さ以上の高いところにしてください。

神棚を低い位置に配置しては神様を見下ろしてしまい、見下すことになりかねません。

 

1階に神棚を配置した場合には、神棚の上にあたる2階部分を頻繁に歩かないようにして、間接的に神様を踏みつけないようにしましょう。

これが難しい場合や、マンションなどの集合住宅では、上の階に人が住むことは免れませんので、これより上には何もないことをあらわすように天井に「雲」と墨書きした白い紙を貼ります。

 

配置する向きは、神棚から見て南向きあるいは東向きにしてください。

南向きが良いとされる理由には大きく分けて2つあり、1つ目は太陽が関係しています。

 

太陽は南を中心に東から西へ移動するため、神棚を南向きにすると太陽の光が神棚に一番入ってくるようになります。

このように、大自然の要である太陽の光を神様に存分に浴びてもらうため、神棚を南向きにするのです。

 

2つ目の理由は、座る場所により地位をあらわすことが関係しているのですが、私たちは昔から座る場所によって立場や位の高さが違います。

中国の古い言葉に「天子は南面し 臣下は北面す」といった言葉があるように、偉い人は南を向いて座ります。

 

そのため、敬意を表すべき神棚も南向きに配置するのです。

東向きに配置するのにも太陽が関係しています。

 

太陽の昇る東の方角に神棚を配置することで1日のはじまりをあらわしているのと、東は勢いが良いとされているからです。

また、厳密に言うと東南に向けて神棚を配置するのが一番良いとされています。

 

その次に良いと言われているのが東南東ですので、住宅事情に合わせて配置してみてください。




設置するときの注意点は?

神棚を設置するのに最適なのはリビングとお話ししましたが、リビングでも人が出入りするようなドアの上はやめましょう。

不浄なものを嫌うので、壁を挟んだ隣がトイレであるところもいけません。

 

その他の注意点は、仏壇と向かい合わせに置かないようにすることです。

これは「対立祀り」と呼ばれるもので、その家の吉凶のうちで凶とされている置き方になります。

 

どちらかにお参りする際に一方にお尻を向けなくてはならないため、これは大変失礼にあたります。

同じ部屋に配置するのであれば同じ向きにし、上下に配置することは避けましょう。

 

神の霊魂が仏の霊魂を踏みつけてしまうことになったり、どちらにお参りしているかわからなくなったりしてしまうからです。

完全に上下に配置することはやめて少しずらし、仏壇にお参りするときは正座、神棚にお参りするときは立ってするなど区別すると良いでしょう。

 

ただ設置するだけでなく神棚を清潔に保ち、毎日きちんとお参りを行うようにしてくださいね。

関連記事:仏壇の配置はどこが良い?リビングでも良い?注意点は?

広告 日本の行事2

-一般

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.