日本の行事・習慣ガイド

日本の行事・習慣・風習などの文化について、知ってるようで知らないことが多くあります。このサイトでは、魅力的な日本の文化を中心に、ご紹介していきます。

お通夜と告別式の違いとは?マナーや服装は?どちらに参列すべき?

更新日:

悲しいことですが、私たち人は命ある限りやがて亡くなります。

それに伴い、日本では火葬が行われることが一般的ですが、お別れの儀式としてお馴染みのお通夜と告別式の違いはご存知でしょうか。

これらに関するマナーや、正しい知識についてご紹介しますので、ある日突然に起こるお別れにも失礼のないよう確認していきましょう。

 

お通夜と告別式の違いとは?

お通夜を夜に行い、告別式を翌日に行うことが多いと思いますが、本来の意味は下記のようになっています。

 

お通夜

故人と親交のあった人々が別れを惜しむ儀式です。

夜通し故人に寄り添い、邪霊が入り込むことを防ぐため灯りを絶やさずに故人の冥福を祈りながら過ごします。

 

もともとは、故人がもう1度よみがえることを願った儀式だと言われており、夜通し起きて故人との思い出を語り合い、復活を望むものとされていました。

近年では、夕方18時ころから行われ、一般の弔問客を迎えて1時間程度で終わる半通夜が多くなっています。

 

告別式

故人に縁のあった人々が最後のお別れを行う儀式です。

また、似たような意味合いのものに葬儀がありますが、これは死者を弔う儀式のことを指し、祈りを捧げたあと火葬が行われます。

 

近年では、告別式と葬儀を同時に行うことも多く、混同されています。

本来、告別式とは葬儀のあと参列者全員が墓地まで故人を見送り、埋葬前に最後のお別れをするという儀式でした。

 

葬儀を近親者のみの密葬で行い、告別式だけが別の日に行われることもあり、これをお別れの会などと呼んで区別したり日を改めて行ったりします。

 

一般的には、亡くなった翌日に弔問客を迎えてお通夜を行い、その翌日に葬儀(同時に告別式)という日程が組まれます。

ただし、火葬は死後24時間以上経過した後でなければ行ってはならないと法律で定められているため、ご遺体を安置しておく必要があります。

 

さらには、お通夜を行う斎場の空きによっても日程が変わり、日本では六曜の「友引」の日にはお葬式は避ける風習がありますので、亡くなった翌日にお通夜を行うことのほうが少ないと言えます。

関連記事:六曜「大安・赤口・仏滅・友引・先勝・先負はどう読むの?どういう意味?由来は?」





 

マナーや服装はどうすれば良い?

お通夜、告別式共に服装はブラックフォーマルを着用します。

男性はネクタイピンを付けず、結婚指輪以外の装飾品は避けましょう。

 

女性は濃いメイクやカラフルなネイルは避け、髪は黒いゴムやピンで清楚にまとめます。

パールのネックレスを付ける場合は一連のものを選び、光沢のあるアクセサリーは付けないようにしてください。

 

遺族と親しかった場合でも長話をするのは控え、お悔やみの言葉は手短に述べるのが基本です。

式に参列したこと自体が弔意を表したということになります。

 

故人を通じて知り合いに会うこともあると思いますが、世間話をするのはマナー違反です。

会場内での私語は慎みましょう。

 

お通夜と告別式はどちらに参列すべき?

お通夜は故人と親交のあった人々が最後の一夜を共に過ごし、冥福を祈る目的で行われるものですので、親しい関係者はお通夜と告別式の両方に参加します。

告別式にどうしても都合がつかない場合は通夜に出席し、故人にお別れをしましょう。

 

また、昔のように親族以外のものが一晩中故人に寄り添うことができないため、半通夜が一般的になったことから、お通夜には出席して告別式に出ない人が多いです。

このことから近年では、お通夜は出席するのが当然のように思われていますね。

 

しかし、告別式は原則として誰でも参列できる儀式です。

本来の意味と一般的な考えに少し差がありますが、故人を偲ぶ思いで行われる儀式には変わりありませんので、大人として失礼のないように参列したいものです。

広告 日本の行事2

-一般

Copyright© 日本の行事・習慣ガイド , 2019 All Rights Reserved.